MASTイチイ

保証会社

家賃債務保証の役割とは

家賃債務保証の役割とは ひと言でいうと、「ユーザーが賃貸住宅を借りやすくするための制度」です。 家賃債務保証制度では、保証会社が連帯保証人に近い役割を果たします。たとえば入居者が家賃等を滞納したとき、保証会社が一定の範囲内でこれを立て替えます。

1.入居希望者は、 〇連帯保証人がいなくても、希望の物件が借りやすくなる。 〇家賃債務保証の利用により、貸主との信頼関係ができる。

2.貸主は、 〇家賃債務保証により、物件が貸しやすくなる。 〇賃貸経営が一層安定する。

家賃債務保証に関するQ&A

家賃債務保証を利用するには、費用がかかるのですか?
保証委託料が必要です。その支払方法にはいくつかの種類があります。多くの場合は保証委託契約時(=賃貸借契約時)に所定の金額を支払い、その後1年ごとなど定期的に支払いが必要になります。 また、契約時の支払いは不要で、入居期間中に毎月一定額を支払うという保証商品もあります。支払方法は保証会社や商品によって異なるため、保証申込時に確認してください。
日本に居住している外国人や生活保護の受給者は申し込めますか?
保証会社によって異なりますが、一般的に外国人や生活保護受給者の方も申込み可能です。また、国の制度により支援が受けられることもあります。
万が一家賃を滞納してしまった場合、どうなりますか?
定められた支払日までに入金がない場合は、保証会社から電話または文書郵送などで支払いの依頼がなされます。一定期間滞納してしまった場合、退去につながるおそれがありますのでご注意ください。
保証開始から終了までの流れを教えてください。
家賃債務保証は物件決定後、申込み・審査を行い、契約が開始します。賃貸借契約とは別個の契約となり、退去するまで契約は継続できます。